注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

プランニングで大事なゾーニングとは?

今回はプランニングの相談について
いよいよこの家作りノートを活用してどういったイメージが良いかな
子供室はどういう感じが良いかな、キッチンはどういう感じが良いか

色々な考え方がまとまりつつある段階で
いよいよ建築会社さんとプランニングの相談をしよう
という時のお話です。

まずこちらの家作りノートに基いて
自分が今まで考えてきたこういったプランが良いなとかいったものも
何となく頭でイメージが付いていると思うのです。

それをそのまま話して上手く出来る時もありますし
上手く出来ない場合も実はあるのです。

そこが家作りの難しい所であって
この家作りノートを使うことで
かなりの精度が上がってくるかと思います。

最後にもうひと押しやって頂きたい事があるのです。
それは2ゾーニングと言われるものなのです。
あまり聞き慣れない言葉だと思います。

例えば皆様に建築会社さんがプランを提案します。

その時にまずどういう形でプランを作っていこうかお話を聞いて
作っていくわけですけど一番最初にどう手がけるかというのは
実はこのように各ゾーンを決めていくのです。

それをゾーニングと言います。
和室はこの位置が良さそうかな、玄関はこういった所が良さそうかな
キッチンはこういう所が良いかな

こういったものをまず概略、こういう形かなと考えて
作る所からまず始まっていくのです。
これをゾーニングと言います。

この形は1パターン、皆さんの要望がきちんと固まっていれば
1つで終わるかもしれません。
しかし皆さんは是非、2パターン会社さんにお願いしてもらいたいのです。

きちんとしたプランニングを作るとなると時間も掛かりますし
もしそれで上手くないというと時間の浪費にもなりますから
一番最初に意見を伝えます。向こうからも色々と聞かれると思います。

それに基づいて2つの案を作るように是非、依頼してみて下さい。

そうすることによって意外に盲点になっていた部分が出てきたりとか
あるいは自分たちはこう思っていたのだけど本当はこういうやり方の方が
良いのではないかなというのも

2つのパターンを見るから比較は出来たり、考えることも出来るのです。
プランニングを調べたものじゃないのです。

このゾーニング、いわゆる配置計画なのですけど
こういったものも例えばこれはリビングと和室が玄関を中心にして
分かれている場合です。

独立しているものともう1つはリビングと和室がくっついている形、
どっちが良いかな、そんな風に考えてた時には是非、差支えなければ
2つぐらい考えて頂けませんか?という事を依頼してみて下さい。

一生懸命やる担当者、会社さんであれば黙っていても
2つぐらいは実は考えたり作ったりする場合もあるのです。

しかし言わないとやってくれない場合もありますので
最初に是非2つ見せてもらう、
この時点でじゃあやっぱりこっちの方向性で行こう

というのをその時点でもう一回、見直していけば良いのです。
ですから一番最初はきちんと家作りの要望を
自分たちなりにきちんとまとめる。

その後にこの2つのパターンの内容を建築会社さんから提案してもらう
これでかなりプランの精度も上がってくると思います。
是非、皆さんの家作りに役に立てば良いなと思います。

Return Top