注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

住宅資金援助の上手なもらい方がわかります

今日は家作りのお金のことについてお話をします。

親御さんから資金贈与、資金の援助を受けるという方って
結構多いと思います。

そんな時に貰い方というのがあるので
それについて触れてみます。

親御さんからお金を貰う時は大きく分けると
2つの貰い方があるのです。

1つは相続時精算課税制度というものでしてこれは簡単に言うと
お給料の前借りみたいな物で相続というのはいずれは起こります。

しかし親御さんが天に召されてしまった時などに
その時相続というのが起こります。

それを前借りする
いずれ相続が起こった時に精算させてもらうけど
とりあえず今の段階では先に貰う

とりあえず税金、払わないという精度だと思って下さい。

もう1つは普通に税金払う暦年課税という制度があるのですけれど
それの住宅資金援助の場合の人的特例みたいな物があります。

通称、暦年課税とか住宅資金援助の特例みたいな言い方を
していますが、これだとあとで精算するとかの話がなくて
素直に貰えます。

その代わり相続時精算課税制度とかに比べて
条件額が少し低めに設定されているという感じです。

一言でいうとその2つになるのですけれど
これは結構、条件が色々と複雑に絡んで来たりや
名義や貰い方などによってあとはそれも申告するとかがややこしいです。

よく分からないでそれをやってしまうと要は申告に
失敗してしまうケースって出てきてます。

ですから簡単にもらって来るのではなくて
ちゃんとそういうことが分かったアドバイスが出来る人の
支持の基に動くようにした方が良いと思います。

Return Top