注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

二世帯住宅をうまく作る方法がわかります

今日は2世帯住宅についてお話をしたいと思います。

2世帯住宅について親と子が一緒に住むというのを
2世帯住宅という風に最近よく言いますけれども
それをどういう風に作っていくか

どういう風に作っていくかというのは
言い換えれがどの程度、共用するか
どの程度、一緒にするかっていうのが大きなポイントだと思います。

家を作る経済的な部分、家を作る建築費用という点からしたら
共用する部分を多くした方が安く仕上がります。

例えばよくあるのがキッチンは別々、
でもお風呂は一つ玄関も一つというケースです。

建築費用がその方が安く収まるのですが、
私、個人的にはそのパターンの時に
引っかかっている所があります。

それは物凄くもっと長い目で見た時に
どうなのかなということです。

例えば親世帯、子世帯、今は一緒に住んでいますけれども
いずれは親御さんというのは先に天に召されていくわけです。

そうなった時に親世帯が暮らしていた部分、
大体、1階だったりしますけれども
子が2階みたいな話がよくあるのでそこをどうするのか

大体、そういう頃になると
子世帯のさらに子供、要は今、30代で2世帯住宅を
建てようとしている人たちの子供が巣立っていったりします。

実際には夫婦しか住んでいない
という状態になるケースが考えられます。

そんな時に凄く大きな2世帯住宅の中に
夫婦2人で住んでいるという状態ってどうなのかな

仮に完全に独立していて
玄関も別、お風呂も別、キッチンも別というお家を
2世帯住宅を作っていたとします。

要は長屋がくっついていて真ん中で繋がっているだけ
みたいなそんなお家というイメージです。

そんなお家を作っていたらもし親御さんがいなくなってしまったら
こっち側に誰も住む人がいない時には
こっち側だけ貸しちゃうというやり方も出来ます。

建築費用としては全部、別々で作る家の方が高くなるのは
確かなんですけれどもでもひょっとしたら将来的には
貸せるかもしれないという選択肢が出てくるのです。

これも一つの手かなと私は思っています。

そんなことも含めて実際に自分たちの暮らしや
あとはこの先の経済状況などを色々考えていく中で
どういう2世帯住宅を作れるのが良いのか

そんなことも頭に入れて検討して頂けれると良いのじゃないかと思います。

Return Top