注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

住宅ローンを組む時に健康状態が重要なわけ

今日は住宅ローンを組むにあたって健康状態に気をつけてね
という凄く当たり前の話なのですけど
是非、知っておいてほしいお話をします。

住宅ローンを組む人は住宅ローンを組まなくても
健康には気をつけなければ困るのです。

しかし家を建て始めた状態で
体調が悪いということが発覚してしまうと
凄く大変なことになったりします。

最悪の場合はもう家を建て始めているのに最後の最後で
住宅ローンが組めなくなってしまうとか組めるのだけど
もの凄く不利な状況で組むということが起こります。

これはどういうことかというと
住宅ローンを組む時は団体信用生命保険に入ることを
前提にしています。

ほとんど条件にしていると言っても良いと思います。

新しく住宅ローン用の生命保険に入るから
自分に万が一のことがあった時にその生命保険が降りてきて
住宅ローンがちゃらになります。

なので大丈夫ですよという保険に加入するのです。

しかし生命保険に新しく加入出来ないような健康状態になってしまうと
その生命保険に入れないだからお金を貸せませんねという
話になってしまう可能性が非常に高くなります。

これは凄く困るのです。
お家、建て始めてますよね。

実際に私の相談でもあったことなのですが
お家を建てている最中に会社の健康診断を受けた。

そうしたら高血圧が高くて要再検査になった
という相談がありました。

これは凄く難しい判断なのです。

ですがお家を問題なく建てるというお話になった時には
安易にお医者さんに行ってしまうと、
それは住宅ローンを組むという観点からのお話をすれば非常に危険です。

万が一、お医者さんに行って薬を処方されてしまうと
お医者さんがあなたを高血圧と診断してしまったということになります。

そのため住宅ローンを組む時に健康状態の告知をしないといけないので
それに高血圧の薬を飲んでいるということを書かなければなりません。

これは非常にグレイな話をしていると思って下さい。

それを書いてしまうと非常に住宅ローンとしては
組みにくくなる可能性がある。

だからといってお医者さんに行くなとは言えないのですが
住宅ローンを組むという話からだけすると
現実問題としてそういう危険性が高まるということです。

だからそれを知ってて頂いて住宅ローンを組んで
お家を建てようと思っている人は
より健康状態に気をつけて下さいというお話です。

これは私も非常にグレイはお話なので
はっきりした物言いを出来ない内容なのです。

はっきり露骨に言ってはいけないお話なのですけど
そういう事実を知って頂いて健康状態がまずいかなと思ったら
家を建て始めてしまっている人や家の相談をしている人は

お家の相談をしている人に相談をして
どうするのかというのを対処して下さい。

あまり安易に考えては駄目ですということを
お伝えしておきます。

Return Top