注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

注文住宅の工法の種類がわかります

今回の講義は家を工法別に見てみようです。

家には色々な工法があるのでそれぞれの特徴について
勉強をしていきましょう。

それでは始めていきます。

まず工法の種類を見ていきます。

まずはRC工法、これは鉄筋コンクリートと呼ばれます。

鉄骨工法、この鉄骨工法には重量鉄骨、軽量鉄骨
この2つの種類があります。

そして最後に木造工法です。

これは1番、一般的な工法なのですが
これには在来軸組工法と呼ばれる工法と
2×4、2×6というパネル式の工法の2つがあります。

ではこれらの詳しく見ていきます。

まずはRC造からです。
RC造は鉄筋コンクリート造で鉄筋とコンクリートが一体で建物を
支える工法です。

打ちっぱなしコンクリートの家というのが
この鉄筋コンクリートの構造になります。

そして特徴としては
まずコストが一番高い工法であるということです。

そして耐震性、耐火性には一番優れているというのも
大切な特徴です。

但しあまり良くない点としては
施工の良否が建物の性能に比例するということです。

これはなぜ起こるかと言いますと、鉄筋がたくさんあって
そこに型枠を当ててコンクリートを流すだけなのです。

それで例えば鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚であったりや
あとはコンクリートを流したあとに
しっかり詰まっているかどうかです。

そういった所が性能に比例して
工事に不備があると性能がそのまま悪くなります。

ですから非常に施工管理が重要だという工法です。
以上が鉄筋コンクリート造です。

次は鉄骨工法を見ていきます。
この鉄骨工法には軽量鉄骨と重量鉄骨があります。

木造に比べて柱と柱の感覚を大きく取ることが出来、
開放的な空間が可能になります。

一般的にはマンション建築などで使われています。
あとはこの軽量鉄骨と重量鉄骨は何が違うのかというと
これは鉄の材料の厚みが違います。

一般的に厚みが鉄骨の厚みがこれが6mmを超すと重量鉄骨、
6mm以下を軽量鉄骨と言います。

特徴としては木造よりは高いということです。
先ほどの鉄筋コンクリートよりは安いです。

そして良い点は材料の品質が均一であるということなのです。

鉄の鋼材ですのでH鋼などを組み合わせるのですが
例えば良い鉄骨と悪い鉄骨があるということは
そんなにないことなので品質が安定しているのは良いことだと思います。

主には大手のハウスメーカーが採用しています。
例えばパナホームやセキスイハウスもセキスイハイムも
ほとんどの住宅会社、大手のハウスメーカーが採用している工法です。

以上が鉄骨工法の特徴でした。

最後に木造について見ていきます。

木造は2つがあって在来工法と2×4工法の2つ
これを別々に見ていきます。

在来工法について説明をしていきます。

在来工法は土台、柱、梁、この3つで建物の骨組みを作り
筋かい、合板、これらで耐力壁を作る工法です。

特徴としては比較的安価であるということです。
そして間取りの自由度が高く増改築がやりやすい
これが特徴です。

そしてどのような会社がしているかというと
主に地場工務店は基本的に木造です。

そして積水ハウスシャーウッドなどはこの方法になります。

ですから一番一般的でそして増改築も、し易い
そして比較的安価といった工法になります。

では次に木造の2×4工法を見ていきます。
2×4工法は2インチ×4インチ、この木材で枠を作り
合板を貼り付けてパネルとして耐力壁とする工法です。

2インチ×4インチなのでこんな感じの細腕の柱なのですが
これで枠を作るのです。

それにパネルを両方から貼り合わせて耐力壁とするという工法です。

特徴としては間取りの自由度が高く、
増改築がやりやすいのが特徴です。

そして耐力壁の量が多いため間取りの自由度が低い
ちょっと矛盾したことが書いてありますが
どういうことかと言いますと壁で支える工法なのです。

ティッシュペーパーの箱があるとして一つ一つは弱いのですが
角は強いです。
あれがパネル工法になります。

それで耐力壁の配置する位置がどうしても決まってしまうので
その部分で設計の自由度が少し低いということが言えます。

では次に耐火面です。
工法別に耐火についての性能を見ていきます。

まず鉄骨造の耐火性能、これに関しては読みます。

鉄骨は燃えないので火事に強いと思いがちですが
摂氏550度で急激に強度がなくなり建物が一気に
倒壊することがあります。

これはどういうことかと言いますと
鉄というのはライター等で炙ったぐらいじゃ燃えません。

ですが熱が摂氏550度を超えると急激にグニャっと
曲がったりするのです・

実際に550度というのばどういう温度か?
これは実際に火災の現場になると5分から10分程度で
500度程度になるそうです。

ですから燃えないので耐火性能が強いと思うのですが
この摂氏550度を超えた時から鉄骨がグニャっと
曲がってきて崩壊するのです。

これが弱点と言えます。

次に木造の耐火性能について見ていきます。

木造は燃焼すると表面に炭化層を形成し
内部まで燃え尽きるには時間がかかります。

燃える時間というのは30分で
25mm、1時間で45mmが燃えるのです。

説明をすると木って燃えるから耐火性能はあまりないじゃないのかと
思われがちなのですが、燃えるのですけど燃えたからといって
いきなり家がグチャってならないですよね?

それで柱がじわじわ燃えていくというのがこの30分で25mm、
一時間で45mmということです。

そして温度の上昇と倒壊は比例しません。

先ほどの鉄骨の場合は摂氏550度になると
いきなり倒壊するという話でした。

ですが木造の場合には何度になっても
柱がだんだん燃えてなくならない限りは
倒壊しないのです。

そして一概には言えないのですが
消防士さんはなぜか木造の家をよく建てます。

実際に火災の現場で微妙に違うそうで
鉄骨だから良い、木造だから良いというのは一概に言えないそうです

しかし消防士さんは木造の家をよく建てる傾向にあるそうです。

Return Top