注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

注文住宅で良い工務店の見分け方がわかります

私の考える良い工務店の基準、
これについてお話をしたいと思います。

先程の講義くらいで、
工務店とハウスメーカーの見分け方を勉強して、
私なりのお話をしてきました。

今回は、私が実際に行っている、
工務店のいいなという基準についてお話していきます。

それでははじめていきます。

まず、お客さんの対応の方法ですね。

これは実際、商談が始まったくらいのことからなので、
あとの話になるのかもしれないのですが、
こんな方法を取っているところとお話をするようにしてください。

まず、打ち合わせのときの方法ですね。

これについては、打ち合わせの内容をですね、
複写の紙に書いて、必ず担当者とお客さんが1枚ずつ持つような、
そのような取り組みをしている会社。

こういう打ち合わせをしている会社というのは、
契約後のトラブルが少ないと言えます。

ですから、いい会社だと思いますね。

あと、見積もりが出て来る分について。

見積もりの内容についてですが、
まず、標準仕様がわかりやすく定めて、
標準工事と追加工事は明確に分かれているのかどうか。

そして、見積もりの金額ですね。

建物価格といいますが、この価格というのは、
本体工事と追加工事、それに、付帯工事、建築諸経費を、
すべて足したものになっているかどうか。

このふたつが、見積もりに対して、
提出時に見積もりの内容として見ておきたいです。

そして、最後のこの項目ですね。

見積もりの提出時に具体的な総予算を提示しているかどうか。

実際見積もりを出してもらう分になると、
総予算について考えてくれないとダメなんですね。

資金計画のところでもお話をしていますが、
建物の金額だけで家ができるわけではないんです。

それ以外の、ローンの費用、引越しの費用、仮住まいの費用、
あと土地を買うかたは土地の費用も勿論ですね。

そのような価格まで、すべての総予算で常に考えてくれているか。

これがポイントになると思います。

以上が、見積もりまでですね。

次いきます。

次、契約の方法ですね。契約の方法は、
契約後のトラブルとならないように、重要事項説明書などを使って、
工事の契約の内容ですね、これをしっかり説明しているかです。

そして、最近ある工務店では、ローン特約を契約書に書いています。

このローン特約というのについて、少し説明しますね。

住宅ローンのことなんですが、住宅ローンの仮審査、本審査、
このふたつがありまして、住宅ローンの本審査については、
契約後じゃないとできないパターンがほとんどです。

ですから、契約をするということは、契約金を払いますよね。

で、もし住宅ローンが通らなかったときには、
契約を解除しなければならないんですね。

じゃあ、その解除したときのお金は、
どういう負担になるのか。

これについて定められているのが、
ローン特約というものです。

これを付与しているのかどうかも、
ひとつのポイントだと思います。

そして、施工の工事は、
正家塾の加盟の工務店にはこういう部分も見ているのです。

現場の進捗状況を、ブログで書き込んで、
パスワード式になっているので、
知らない人は見れないんですね。

お客さんと正家塾が、
現場の進捗を監視できるようになっているかどうか、
と、いうことです。

一般の工務店であれば、施工状況をアップしていたりだとか、
毎週現場で立会いしてくれるとか、そういう会社もありますね。

このパスワード式ブログというのは、
正家塾で登録している工務店だけに行っているサービスです。

以上が、お客さんの対応についての、いい工務店の基準です。

では次に、業務内容についてですね。

このあたりは、ホームページとかから読み取ることができます。

まず、健全経営しているかどうか。

と、いうのは、一般的には会社の社歴ですね。

創業何年とか、そういうかたちのところからも、
ひとつの基準になると思います。

正家塾で紹介している工務店については、
皆さん、決算書を正家塾に提出してもらっています。

ですから、税理士さんに見てもらって、
健全な経営をしているかどうか、
と、いうのを判定してもらっています。

一般の場合は決算書を出すところまではできないと思いますので、
創業が何年なのか。

それからあとブログ等でですね、
人があまり入れ替わっていないか、
と、いうところも見るのがいいと思います。

あと、優良施工ですね。

これは、第三者機関による保証をしているかどうかです。

第三者機関というのは、代表的にされるのは、JIOとか、
性能保証機構、といったところで、実際じゃなくて、
第三者的なところで計算をしてもらっているかどうか。

これがポイントになってくると思います。

このあたりもホームページを見れば書いている会社もあります。

次ですね、完成保証というのがあります。

これですね。

完成保証をつけているかどうかなんですが、
完成保証というのについて説明をします。

これは、住宅が完成することを保証する会社なんですね。

工事中にもしも会社が潰れてしまった場合、
住宅会社が潰れてしまった場合。

それをちゃんと保証してくれる保証会社があるんですが、
そこに登録をしているかです。

あと、トラブルが発生したときの対処方法。

これも大事だと思います。

正家塾に加盟してもらっている工務店に関しては、
このような約束をしています。

万が一トラブルが発生した場合は、
内容をすべて正家塾に公開し、
指導を受けられるかどうか。

そして、正家塾がもし工務店が悪いと判断した場合は、
webで内容を公開して、
最悪工務店さんを除名するということを行っています。

このように、厳しいことをしているので、
正家塾のオススメする工務店は良い会社だと言えます。

このあたりの業務についてなんですが、
一番大事なのは、どのような家ができるかなんです。

ですが、できた家を見るというのは、あんまりダメなんですね。

大切なのは工事中なんです。

ですから、工事中の建物の中外、
そして、工事中の仮説のトイレ内の清掃状況も、
一度見てみてください。

それによって、やはりきれいにしているところと、
やっぱり現場が汚い会社、これでは大きい差ができますね。

やはり、仕事の基本というのは、整理整頓とよく言われます。

ですから、整理整頓ができているところというのは、
やはり良い家を建てていると言えます。

あと、アフターメンテナンスとか、
そういうところまでしっかりしているといいです。

この工事中ですね、結構大事ですし、
皆さんでも簡単に観にいくことができます。

観にいきますと言ってから行くのが本当は良いのですが、
それをやると掃除とか前もってするので、
フラーッと通ってチラッと観てください。

それでもやっぱりきれいな会社はきれいですし、
やはり掃除しない会社はしないですから。

このようなところに注意をしてみてください。

最後に、私が正家塾で紹介でしている工務店については、
今お話したことを全部クリアしているのかどうか。

これを私が実際、その工務店さんにお邪魔して、
現場にお邪魔をして、全部見てます。

ですから、良い工務店であるということが言えると思います。

では、皆さんよければ一度、正家塾のこの右側のバナーですね、
ここにある工務店さんについても一度検討するようにしてください。

Return Top