注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

新築時の地盤調査の重要性がわかります

地盤調査は契約前にしておこうという講義です。

地盤調査については、私は何度かお話したと思います。

ここで、なぜ地盤調査が重要なのかについて、詳しくお話します。

それでははじめます。

まず、なぜ地盤調査が重要なのか、。

これについて説明をします。

地盤調査というのは、地盤調査をした結果で、
地盤改良工事が必要なのか、普通不必要なのか、
を、判断できるからなんですね。

この地盤改良工事というのが、場所によっても補強方法によっても、
色々違うのですが、安くても最低30万円から、
高かったら200万円を超えることもよくあるんです。

ですから、もし地盤改良工事が必要になってしまうと、
家の購入予定額というのが大きく変わると思うんですね。

実際に200万円というと、
建物の金額の1割くらいになるかたもいらっしゃいます。

ですから、地盤改良工事が必要なのかどうかを、
先に地盤調査をして、知らないとダメなんです。

では次に、地盤調査ができるのは、どの条件になったときか、
どのようなタイミングになったときか、
これについてお話をします。

地盤調査というのは、
まず建物の工法が決まっているというのが、前提になります。

たとえば、それはですね、重量ですね。

軽量鉄骨、重量鉄骨、木造で建物の重さって違いますよね。

それであるとか、あと強度が違いますね。

たとえば、基礎の方法。

ベタ基礎なのか、布基礎なのか。

このあたりによって、補強方法が変わる場合もあります。

それともうひとつ。

決めておかなければならないのが、配置と間取りですね。

で、なぜ配置と間取りが決まっていることが大切なのか。

地盤調査というのは、基本的には、
たとえばこの四角が家だったとすると、
1、2、3、4、という四隅と、だいたいど真ん中ですね。

その、合計5つのポイントを、地盤調査をするんです。

で、この四隅と真ん中の5つのポイントが、
どれだけの地盤の強さを持っているのか。

これによって判断をしていくからなんですね。

工法、配置、間取りが決まっていれば、
今家が建っているところでも、調査可能なことがあります。

実際に調査のポイントというのは、
ミリ単位で正確というのは無理なので、
だいたいが1メートル未満の許容範囲があります。

ですから、もし今住んでいる家の建て替えのかたは、
今の家とちょっとずれていれば測れる場合もあります。

ですから、調査ができるのかどうか、
これはプランですね、
間取りがだいたい決まった段階で、住宅会社に相談する。

で、あるいは正家塾でも地盤調査の募集を行っておりますので、
問い合わせをするようにしてみてください。

では、地盤調査の結果ですね、誰が地盤を保証するのか。

これについて少しお話をします。

この図は、地盤調査の保証ですね、
地盤保証についての関係の表です。

あなたの家が勿論保証対象となります。

あなたの家を保証するのは、
地盤保証会社というのが保証してくれます。

住宅会社が保証してくれるのではないんですね。

住宅会社は保証会社を紹介してくれるだけなんです。

よろしいでしょうか。

ですから、
地盤保証会社と住宅会社は別物であるとまず覚えてください。

ここにも書いてありますが、
住宅会社は地盤保証会社を紹介するだけなんですね。

ポイントは、
住宅会社が地盤保証をするわけではないというところです。

じゃあ、どこに地盤調査を依頼するのか。

これついてちょっと見ていきます。

一般的には契約する住宅会社さんで地盤調査をお願いすると、
地盤保証会社を紹介してくれて、それに基づいて結果を出します。

ですが、数社見積もりを取っている場合。

3社、4社と見積もりをとっているかたとかはですね、
まだ住宅会社を決めていない、
候補件を決めていないかたですよね。

けど、地盤改良の工事費は知りたいと思うんですね。

たとえば、発生するのかしないのかだけでも、
おおかたかかる金額があるのならば、
それが100万なのか200万なのか。

これは知っておかなくてはいけませんよね。

ですから、住宅会社は未決定でも、地盤調査は可能だ、
と、いうことです。

正家塾でも全国で地盤調査ができます。

この動画の、皆さんから見たら右下のところですね。

そこのところに、
地盤調査を自分でしようという項目がありますので、
そこから問い合わせをするようにしてください。

それで、正家塾はNPO法人でやってますので、
補強工事費も結構安くなることが多いです。

ですから、すでに地盤調査をされて、
地盤補強工事がいるよ、と言われたかたも、
一度問い合わせをしてみてください。

Return Top