注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

住宅ローンのつなぎ融資とは何かがわかります

住宅ローンのつなぎ融資とはなにか?
というのをお話ししていきたいと思います。

住宅ローンは本来、家が建ったあと、
引渡しのときに実行されるものなんですね。

なので本来は家が完成するまで、
住宅ローンっていうのは貸してもらえないです。

でも、土地を買うために、
今の手持ちのお金では足りないとか、
ほかにも、建物の代金も途中で請求されることが多いです。

着工するときの着工金とか、工事中に中間金を払うとか、
こういうときに、手持ちの現金では払えないということであれば、
どこかから借りてくる必要があります。

これを、住宅ローンのつなぎ融資といいます。

要は、本来の住宅ローン引き渡しにときに実行する
住宅ローンまでのつなぎをするということですね。
これがつなぎ融資になります。

今現在、土地とか土地代もある、現金もあるとします。
それから、中間とか着工のお金も払える。
その場合はつなぎ融資は必要ないです。

ただ、そういう現金が無いという場合は、
つなぎ融資を実行する必要があるので、
つなぎ融資をしてもらえる銀行じゃないとダメだということですね。

じゃあ、どんなところがつなぎ融資をしてくれないのか?

ネット銀行はですね、
あまりつなぎ融資をしてくれないところが多いですね。

なので金利だけで
「ああ、ネット銀行安い!」
と、思って決めてしまったとします。

そこで審査とかを受けてしまうと、
土地代とか着工とか中間金とか貸してくれない。と。

じゃあそれをどうやって準備するの?
と、いう話になってきます。

住宅ローンを選ぶ際、要は金融機関を選ぶときは、
つなぎ融資をしてもらえるのか?
と、いうのもひとつチェックポイントになりますね。

ではもし、たとえばネット銀行に決めたとします。

「金利が低いんで、ネット銀行にしようと思う。」
と、いうふうにした場合、
それでつなぎ融資が必要になった場合どうすればいいか。

どこかから借りてこないといけないんですね。

要は、ネット銀行以外のところで住宅ローンの審査をして、
土地代と着工とか中間が必要であれば、
そのお金も別から借りてくるというのが必要になります。

ただこれは、結構銀行が嫌がるんですね。
私も同じような提案をしたことがあるんですが、
私の地元の金融機関からは、

「最近つなぎだけを利用するところが多いんで、
そういうのは断ってるんです。」

と、いうようなことになってます。
もしかしたら断られるケースもあるかもしれないです。

なので、つなぎ融資が必要だってことであれば、
つなぎ融資を使える銀行っていうのを選ばないと、
あとあとちょっと面倒くさいことになるかもしれません。

Return Top