注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

住宅ローンを借りる年齢・時期のこと

今回は住宅ローンは若い内に借りておいた方が良いのか
ということについてお伝えしていきます。

結構、建築会社さんなどの営業トークに若い内に借りておいたら
月々の返済も少なくて済むし35年組んでも定年までに
返済が終わるというのがあります。

30歳で定年が65歳であったら35年借りても定年までに
終わりますから良いのではないですかということがよく言われます。

ではそれが正しいのかどうかと考えると
お金の面で言うと月々の返済は確かに返済期間を長くとれば取るほど
少なくはなります。

しかし長く取れば取るほど住宅ローンの利息の支払いは
大きくなるわけです。

だから月々の支払いは少ないのですがトータルで見れば
損になる可能性があります。

しかし他の動画でもお伝えしたのですが住宅ローンは
長くたくさん借りておいて差額を住宅ローンの金利よりも高い所で
運用すればその分はチャラになります。

ですからお金の面で損か得かというのは
若い内に借りておいた方が良いかどうかという回答にはならないです。

しかし例えば結婚仕立ての状態で家を買うべきではないなというのは
私の経験上からも思います。

なぜかというと結婚仕立てだと子供が何人生まれるというのが
全然まだ分かりません。

1人、2人欲しいと思っていても3人、4人と出来るかもしれません。

そこが固まっていない状態で要は家を買うということは何10年と
そこで生活すると決めてしまうわけですし間取りなどを決めてしまうと
何10年とその中で生活することを決めてしまうわけです。

例えば子供2人が良いやと思っていて子供部屋を2つ作ったとします。
しかし3人出来てしまったとなると子供部屋が1つ足らないというような
問題が生じます。

ですから若い内に家を買って住宅ローンを借りてしまった方が良いのか、
というのはお金の問題ではなくて自分が送りたい生活に合うのかどうか
というところで考えられると良いのではないかと思います。

今、家を建てて自分たちが送りたい生活、人生を送れるのかどうか
というところで判断されると良いのではないかなと思います。

Return Top