注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

住宅ローン返済の不安で考えてはいけないこと

今回は住宅ローンを払えなくなったら貸せば良いのか
貸せば済むのかということについてお伝えしていきます。

前回は住宅ローンを払えなくなったら家を売れば良いのか
というのは考えものですよということをお伝えしました。

では家を売れないにしても貸して賃料を貰えばいいやという風に
考えられているかもしれません。

但し貸してチャラに出来るかどうかです。

例えば住宅ローンの返済が月々8万円であったとします。
そうなると毎月貰う家賃、これは8万円ではチャラにならないのです。

なぜかというとあなたの持ち物のままなので
固定資産税というのはあなたに掛かってくるのです。
自分自身に掛かってくるわけです。貰うのは賃料だけです。

それで火災保険や地震保険なども自分で掛けておかないといけないです。
借りてくれた人がずっとそのまま住み続けてくれれば良いですけど
もし人が変わるとなった時に毎回修繕したりするお金が掛かってきます。

そもそも借りてもらえるかどうかも分かりません。
ですから家を貸して払っている分がチャラになるかどうかというと
必ずしもそうはならないということです。

かなりの頭金を入れて住宅ローンの返済をかなり抑えているという場合は
チャラになったりプラスになったりすることもあるかもしれませんけど
そうではない場合はチャラにならない場合があります。

例えば月々の返済が8万円ですと家賃は7万円貰えますと
しかし1万円は赤字です。さらに固定資産税が
年間12万円掛かっていますという場合だと月1万円が更に赤字です。

2万円の赤字になります。
それを抱えたまま自分が賃貸に移る場合は
賃貸のお金も払っていかないといけないわけです。

その家賃が6万円だったら家賃6万円と固定資産税と
住宅ローンから貰う家賃を引いた1万円分、合わせて8万円です。
結局支払いは変わっていないわけなので払えないのです。

ですから単純に返せなくなったら貸したりすれば
良いのかというとそれはなかなか上手くそうはいかないわけです。

借り手を見つけるのは不動産さんに委託すると
おそらくお金も掛かってくると思います。

それから家を買う、住宅ローンを払っていけるかどうかという不安を
解消する理由の1つとしてもう返せなくなったら売ったり貸したりすれば良いや
という風に簡単に考えてしまうのはやめた方が良いと思います。

Return Top