注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

住宅ローンフラット35の基礎知識がわかります

今日はフラット35という住宅ローンについて
説明したいと思います。

フラット35は全期間固定金利型住宅ローンの代表的なものです。
住宅金融支援機構がやっていて全国の銀行や金融機関が代理店を
しているということです。

フラット35という名前でどこも同じように取り扱っているので
間違えやすいのですけれども注意点があって借りる所、借りる銀行や
金融機関によって金利や手数料が違うということです。

同じフラット35という名前でも借りる所で金利手数料が違うという事を
気をつけて下さい。

ですからフラット35を借りようと決めたとしても近くの銀行に行ったり
給与振込の銀行に行ったりとかというのではなくてフラット35の中でも
比較をする必要があるということです。

それからもう1つは団体信用生命保険は任意加入だということです。

団体信用生命保険とは何かというと住宅ローンを借りた人が万が一
亡くなったり、亡くなったと等しいような状態、高度障害という
状態になった時に住宅ローンの支払いを免除してくれる保険です。

フラット35以外の住宅ローンはほぼ全て強制加入になっています。
つまり団体信用生命保険に入れないと
住宅ローンを貸してくれないということです。

ただフラット35の場合は任意加入なので入らなくても良いです。
入らなくても良いということは入りたければ自分で入って下さい
ということなのです。

その場合の保険料は別途必要になります。

ですから例えばフラット35と他の銀行の住宅ローンを比較する時に
どちらが安いかという比較はフラット35の場合は
団体信用生命保険に掛かるお金も込みで比較する必要があります。

それとフラット35の特徴として一定の物件、
一定の条件を満たす物件であればフラット35Sというのが使えます。

フラット35Sには2つタイプがあって
Aタイプ、Bタイプというのがあります。

Aタイプの方が最初から10年間は金利をマイナス0.3しますと
Bタイプは5年間はマイナス0.3をしますというものです。

ですから物件がフラット35Sに対応しているかどうか対応させるには
幾ら必要でその場合にフラット35Sにすると
利息が幾ら節約出来るのかというのを比較して

Sにするのかそうではないのかというのを考えると良いのかなと思います。

以上でまとめるとフラット35という名前でも銀行によって
金利手数料が違うので比較が必要だということです。

団体信用生命保険は別なので他の住宅ローンと比較する時は
それも込みで計算するとそれからフラット35Sというのが使えるので

Sにした場合に幾ら利息が節約が出来てそれをSの条件に適合するために
幾ら追加で必要だとか元々Sなのかなど
そういう所も考慮に入れて選んで下さい。

あとは35年でないと駄目だというわけではありません。
返済年数は15年から35年まで選べます。

返済期間を20年以下に関しては金利が少し安いです。

以上が住宅ローンフラット35の基礎知識です。

Return Top