注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

注文住宅で家賃並みの住宅ローン返済額が3年で終わる理由

今日はなぜ住宅ローン返済額が家賃並みで家が買えると
書かれている広告の返済額は3年で変わってしまうのか
ということについてお伝えしていきます。

あなたも自宅に届くポスティングチラシの中で住宅ローン返済額が
家賃並みで家が買えるとか後は雑誌などで家賃並みで家が買えるなど
見たことがあると思います。

私も数多く見てきましたがそれらは全て嘘です。

そのチラシに書かれているような返済額というのは
3年間で終わります。

私が見たチラシの中で全てが返済額が3年で終わるように書かれています。

ではなぜ住宅ローンが家賃並みで家が買えると書かれている返済額が
3年で終わるのかということについて説明していきます。

あれはチラシの小さい文字を見て頂くと
住宅ローンの条件というのが書いてあるのです。

その条件に住宅ローンの条件、35年返済、3年固定、金利1%や0.8%、
0. 7%などと書かれています。

これがどういう事かというと住宅ローンの条件は3年固定金利というので
計算されているということなのです。

3年固定金利というのはどういうものなのかというのを
今から書いて説明したいと思います。

3年固定金利というのは住宅ローンの返済期間があります。
それで始めの3年間は借りた時の金利、例えば1%になります。
でも3年過ぎるとほぼ間違えなく金利が上がるようになっているのです。

これはどういう仕組みなのかというとここの3年間は
優遇金利という金利なのです。

それでこちらが例えば3%だとしたらこれが基準金利という金利なのです。
要はこれが定価なわけです。
こちらが優遇です。キャンペーンの金利です。

ですから最初の3年間はキャンペーンが適用されて金利が低いのですけど
その後は金利が定価に戻るという仕組みなのです。
これが3年固定金利という住宅ローンの仕組みです。

但し返済期間3年で借りていれば良いのですけど
そうではなくてほとんどの場合は30年や35年で借りていると思います。

しかし金利が低いのは3年間だけで3年経てば
元の金利に戻ってしまうので返済額が上がるということです。

どれぐらい上がるかというのは借入額によって違いますけど
2000万円や2500万円ぐらい借りていると金利が2%上がると
1万5千円から2万円ぐらい月々掛かってきます。

月々2万円や2万5千円かかってくると少し辛いと思います。

ですから築3年、4年、5年で住宅ローンが払えなくなって
家を売っているというケースが結構出ているという事です。

今日は住宅ローンの返済額が家賃並みで家が買えるというのは
3年間だけというのをお伝えしました。

その仕組みもお伝えしましたのでそういうチラシは嘘だと思って
見て頂ければと思います。

Return Top