注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

注文住宅が家賃並みで買えるのはウソ

今日は住宅ローン返済額、家賃並みで家が買えるという広告は
嘘だということについてお伝えしていきます。

あなたもマンション、アパートのポストにポスティングのチラシや
新聞の折り込みチラシ、雑誌のチラシで家賃並みの支払いで
家が買えるという広告を見たことがあるのではないかと思います。

そういうチラシを見ると家賃並みの支払いで家が買えるのであったら
じゃあ今、マンションやアパートの家賃を支払っているよりも
自分の資産になる家を買った方が良いのではないかと思うと思います。

しかしこれはほとんどの場合で嘘です。

ではそれがなぜ嘘なのかということをお伝えしていきます。

住宅ローン返済額が家賃並みで家が買えるという広告は
住宅ローンの条件が小さい時でどこかに書いてあるはずです。

その住宅ローンの条件を見てみるとほとんどの場合で
住宅ローンの条件は3年固定金利、35年返済という風になっています。

では3年固定金利、35年返済がどういうことかというと
3年固定金利というのは借りてから3年間は
金利が低い住宅ローンなのです。

3年間は金利が低いのですが3年後に金利が上がる、
3年間は金利をキャンペーンで割引してくれているのです。

そのキャンペーンが終わって元の定価の金利に戻るので
金利が上がって返済額が上がるという仕組みの住宅ローンになっています。

ということはチラシに書かれているような返済額というのは
3年間で終わるということなのです。

物件の価格が凄く安くて借入額が少ないとか
頭金をたくさん用意出来て借入額が少ないという場合には

今、支払っている家賃と変わらないぐらいの返済額で収まる事はあると思うのですけどもそうではなくて返済額が2000万円や3000万円あるという場合で
家賃並みの支払いで済むということはないです。

ですから住宅ローンの返済額が家賃並みで家が買えるというチラシには
騙されないようにして下さい。

そういうほぼ嘘のような広告で宣伝している業者というのも
まともな業者ではないのでそういう所で家を買わない方が
私個人的には良いと思っています。

Return Top