注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

注文住宅の住宅ローン返済負担率25%のなぞ

今日は住宅ローン返済負担率が25%だから問題ではないことはない
ということについてお伝えしていきます。

色んな本や家の購入について書かれているサイト等も見てみると
住宅ローンの借入額の目安として
返済負担率の25%ぐらいにしておくことという風に書かれています。

返済負担率というのは年収に占める住宅ローン返済額の割合です。

仮に年収が400万円だったとします。
住宅ローンの返済額が100万円であれば
100÷400×200で25%です。

これで返済負担率が25%になりますということです。
では年収400万円の人は住宅ローンの返済額は年100万円ぐらいまで
大丈夫だということですがそうではありません。

この年収というのは税込みの金額です。
税込みというのは
所得税、住民税、社会保険料などが含まれている金額です。

しかしこれらというのは自分で使えないお金です。

例えば毎月給料が総支給額で30万円ありました。
そこから社会保険料、所得税、住民税引かれますと
その後残ったお金を手取りとして使えるわけです。

ですから使えないお金を考慮して計算した返済負担率というのは
意味がないです。

ですから返済負担率を計算して
それを住宅ローン返済額の目安にするのであれば
手取りの金額で計算する必要があります。

つまり年収にただ単に住宅ローンの返済額÷年収で
計算した返済負担率ではなくて手取りの金額÷住宅ローンの返済額で
計算した返済負担を用いる必要があります。

Return Top