注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

ハウスメーカーが言う、本体工事や坪単価の意味が学べます

今回は注文住宅の予算、どういう費用が掛かるのか
非常に皆さん気になる所だと思います。
これを一つ一つご説明していきたいと思っております。

まずよく聞く言葉として坪単価、坪いくらというお話が
皆さんあると思います。これは本体工事費と言われる会社が
色んな建築会社さんですね。

この会社さんがこれぐらいは最初から装備として付けておこう
というような会社の考えの表れでもあるのです。

ですからよく激安の坪単価を謳っている
10何万から出来ますよとか20何万で出来ますよ
ということには一切皆さん惑わされないようにして下さい。

坪単価が安いからといって
良い建物が出来るとは全く限らないのです。

坪単価というのは
本当に目安の中のまた目安ぐらいの考えでいて下さい。
良いでしょうか?ここは非常に大事なのです。

もう一つ言えるのがさっき言いました坪単価っていうのは
会社の方が最初にこの部分は会社として入れ込んでおきたい、
お客様のために私たちはこれは最初から入れたいんだ

この表れでもあるので
本体工事いわゆる坪単価の中身というのは、
是非、内容を聞いて下さい。

価格ではありませんよ、内容を是非、聞いてみて下さい。

その中でこちらにあるように会社さんって全くバラバラです。
これは表示の問題なのです。

例えば住宅メーカーで言えば、坪55万からとか坪70万からで、
これはどういった物を指しているか。

会社さんによっても多少のバラつきはありますが
おおよそ50坪くらいの建物を目安にした場合の
坪単価を謳っているケースが多いです。

坪単価というのは建物が小さくなればなるほど
どんどん上がっていく仕組みになるのです。

ですから例えば30坪で70万ってなったりとか
50坪の時は50坪であったとしても非常に高いイメージなのです。

ということで大体標準的な価格ということで
表示しているケースが非常に多いです。

ですからこの本体工事の内容というのは
まず皆さんが気に入った会社さんがあればよく聞くことです。
何を持って本体工事にしているのかこちらの方が遥かに実は大事です。

10何万いくら、20何万いくらそういった問題では全然ないのです。
ここをおさえておいて下さい。

こちらの本体工事、坪いくらでは実際に家は建ちません。
建たないのです。これ以外に何が掛かるかというと
いわゆる付帯工事というのが掛かってきます。

これは例えば敷地条件によって土地の地盤が弱いといった場合は
杭打ち工事が入ったりとかあるいは解体工事、
あとは水道の工事、下水の工事とか外構の工事

あるいはこちらの本体の方で入っていないお客様の方で、
「私これ付けたいの、せっかくだからこういった物もやりたい」
こういった物も全て付帯工事という内容に入ってきます。

ですから本体工事、付帯工事l初めてこれで、
建物の工事としては出来るという内容になっているのです。
ここがます大事な所です。

住宅というのはこれだけじゃありません。消費税もあります。
本体工事、付帯工事に5%が掛かってきます。
これだけか?まだあります。

いわゆる諸費用、家を建てますよということで役所に申請を出します。
「私こういった家を作りますのでよろしくお願いします。」
当然その時には設計の図面も必要になってきます。

あるいは家は出来た、でも家事で燃えては仕方がない。
火災保険も掛けなければならない。

あと建物の権利関係をはっきりさせておくために
登記もかけておかななければいけない。

こういった費用も実は全部、必要になって来る費用です。

その次です。
それ以外にも実は細々とした費用が掛かってきます。

これはいわゆる雑費という部分で地鎮祭、
あるいは新しい家具、買おうかなとか
せっかくだから電化製も新しくしようかな

こういった費用、この本体工事から雑費までの費用ですね
ここまでが初めて住宅で言うと住まいの総予算。

土地を買いたいという場合は
プラスここに土地資金というのが出てきます。
土地資金も同様で諸経費というのが掛かります。

土地の場合は手数料であったり
あるいは測量をしなきゃいけない場合は測量の費用が掛かったり
これは土地の状況によって違いますけどこういった費用も出てくる

ここの1から5番まで全部考えた物が住まい作りの総予算。

ここから自己資金と借り入れがいくらか、
自分たちはどれくらいの住まいが出来るかということを
まず割り出していくということが非常に重要になってきます。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 15085 )
  • Trackbacks ( 1001 )