注文住宅ノウハウ動画.jp

注文住宅ノウハウ動画集めました!

二世帯住宅のこと勉強になります

二世帯住宅をお考えの皆さん
間取りの事以外にも親世代と子世代で
話し合っておくべきことがたくさんあります。

資金や生活時間の確認、税金などの負担、生活スタイル
価値観などを遠慮をして建築前にあやふやにすると
あとで問題になるかもしれません。

よく話し合い理解し、その上で計画を進めて行きましょう。
二世帯住宅にはメリットもデメリットもあります。
しっかり抑えておきましょう。

メリット、子育てに親世代の協力が期待出来る。
親世代、子世代それぞれの生活全般を補えあえる。
イニシャルコスト、ランニングコストともに抑えられる。

デメリット、お互いの生活に鑑賞し過ぎる事がある。
生活のリズムが違う事でストレスの原因なったりする。

デメリットは事前にきちんと話しあったり
間取りを工夫することでかなり解消されます。
同居の形も色々です。皆さんはどんな形が合っていますか?

同居型、寝室を除いて基本的に全てを共有する。
水回りが共有のため建築コストを抑える事が出来ます。
常に家族の気配が感じられ防犯に関しても安心です。

家族同士の理解があってこその形であり
関係によって常に気を使う事になりますので要注意。

部分共有型、一般的にはリビング、ダイニング、キッチン
寝室はそれぞれの世帯で独立しており玄関、浴室
トイレなどは共有にする場合が多いです。

生活スタイルの違いなどによって様々なパターンが考えられます。
独立の空間を作るほどプライバシーは確保出来ますが
面積が増えます。

分離型、玄関を除いて全てを分離するタイプです。
玄関を分離することもあります。

親世代、子世代それぞれのプライバシーが守られやすいですが
ある程度の敷地面積がないと
居住空間が狭く感じる事もあります。

電気、ガス、水道などライフラインに関することも
予め水道局や電力会社に確認しておくと良いです。

色々考える所はありますが二世帯で気をつけるポイントは
間取り、資金計画、遮音・防音、バリアフリーの4つです。
特に遮音・防音が抜けがちですので気をつけましょう。

Return Top